美容に人気のボトックス注射|副作用を知って施術を受けよう

婦人
  1. ホーム
  2. 保険で治療する

保険で治療する

注射

ボトックス注射は様々な治療で使われますが、今では、美容で使用することが一般的になっています。しかし、美容で使用することによって、保険の適応にならないのでは、と思う方も多いでしょう。そんな方のために、まずは保険の条件について説明します。結論から言いますと、ボトックス注射で保険適応になるケースはあります。ですが、ボトックス注射が保険適応となるケースはあくまで、「治療のみ」になります。そのため、美容を目的とした施術なら保険は適応になりません。保険適応になるボトックス注射の代表的な治療例はワキの多汗症になります。保険が適応できるので、自身の負担額は三割で約30000円程で治療が受けることが可能です。三割の負担額で30000円ほどですから、通常の施術では10万円以上かかると言えます。そのため、保険で治療した方がかなり費用を抑えることができるのです。ですが、多汗症治療での保険適応にも細かい条件がありますので、保険で治療を考えているなら、事前にクリニックや医師に保険が適応できるか、きちんと聞いておきましょう。また、ボトックス注射には副作用もあります。そのため、保険が適応するか、だけでなく副作用に対して、アフターケアを行ってくれるクリニックで施術を受けましょう。

ボトックス注射と言えば、女性の顔のシワ、たるみの改善などで使用される施術ですが、保険が適応する場合があるのをご存知でしょうか。ボトックス注射で保険が適応できれば、施術にかかるお金の負担を激減させることができます。特に、ボトックス注射は定期的に施術を受ける必要があるため、費用を抑える手段は知っておきたいはずです。まず、大前提として、美容を目的にしたボトックス注射は保険が適応できません。そのため、美容を目的とした、しわの改善や予防、エラ張りの改善での小顔効果などでは、自費治療になってしまいます。では、保険適応の条件は何なのか、そのことについて説明します。ボトックス注射で保険の適応となるのは、主にワキガやアトピー性皮膚炎などの病気が原因で治療する場合です。つまり、「治療」するという一点に限り、保険が適応するわけです。しかし、実際には保険が適応するかは、クリニックや医師に決められているので、場所によっては保険が適応できたり、できなかったりします。そのため、保険を利用して治療するのであれば、施術を受ける前に保険適応ができる施術なのか、医師に相談しておきましょう。また、保険が適応するかどうかも重要ですが、ボトックス注射の副作用の存在も忘れてはいけません。ボトックス注射を受けるときは、保険が適応することだけでクリニックを選ばず、副作用についてきちんと考えてくれるところで施術を受けましょう。