美容に人気のボトックス注射|副作用を知って施術を受けよう

婦人
  1. ホーム
  2. リスクが少ない施術

リスクが少ない施術

カウンセリング

ボトックス注射とは女性の悩みに多い、シワやたるみに効果が高い施術になります。以前ではボトックス注射は医療機関でのみ使用することが可能でした。しかし、近年では厚生労働省も認証しているため、美容外科クリニックでも治療が可能になりました。しかし、ボトックス注射にも副作用があるために、治療が受けれない方もいます。そのため、治療する前にある程度、ボトックス注射の知識を蓄えてから美容外科クリニックに行きましょう。人間は楽しい時、自然と笑顔になり目尻や眉間にしわが寄ります。そして、怒っている時も同様に眉間にしわが寄ります。これらの表情ができるのは脳から顔の表情筋に縮むように信号が送られているからです。この信号は、アセチルコリンという神経伝達物質によって伝達が行われており、筋肉の収縮には欠かせない物質と言えるでしょう。つまり、逆に、この神経伝達物質の働きを阻害することによって、顔にしわが寄るのを防止することができます。そして、ボトックス注射にはアセチルコリンの放出を阻害するタンパク質の働きを持っています。そのため、ボトックス注射を受けることで表情筋などの悩みを解決することができるのです。また、ボトックス注射はメスを使わない施術なため、おすすめできます。今では、ボトックス注射を取り扱っている美容外科クリニックも全国的に多く、施術を受ける女性も多いです。しかし、メリットがある反面、内出血や眼瞼下垂などの副作用もあることを覚えておきましょう。

ボトックス注射には副作用がいくつかありますが、シワやたるみを効果的に改善できるため、女性に人気があります。しかし、ボトックス注射について、抵抗や不安を持っている方も中には、いることでしょう。そんな方のためにボトックス注射のメリットとデメリットを説明していきます。ボトックス注射のメリットで一番大きいのは、メスを入れない施術ということでしょう。メスを入れない施術ですから、施術時間が短くて済みますし、失敗するリスクも切開手術に比べて最小限に抑えることが可能です。また、ボトックス注射は手術よりも遥かにリーズナブルな価格で施術を受けることができるのも魅力の一つでしょう。今では、学生から大人まで幅広い年代の女性がボトックス注射を選んでいます。しかし、当然、ボトックス注射にもデメリットはあります。ボトックス注射のデメリットの中でも副作用が一番、問題視されています。施術を受けた女性の中にはまぶたが下がる、表情が不自然になる、かゆみや腫れがでるなど様々です。しかし、これらの副作用は時間の経過とともに消失することが多いので安心しましょう。もしも、自身が施術を受けて副作用が気になるようであれば、皮膚科か施術を受けた美容外科クリニックに相談するといいでしょう。